Home > お知らせ | 世界の漁業 | 研究 > FAOのThe State of World Fisheries and Aquacultureの最新バージョンが出てた

FAOのThe State of World Fisheries and Aquacultureの最新バージョンが出てた

[`evernote` not found]

つい最近、気がついたが、FAOのThe State of World Fisheries and Aquaculture(通称:SOFIA)の新しいバージョンがでてた。世界の漁業の現状を把握するために必要な情報がてんこ盛りのSOFIAは2年に1回、アップデートされる。2008年までの情報をまとめた新バージョンが今年の3月にでたようだ。

2年後に次のバージョンがでるまでは、この資料をフル活用することになるだろう。ざっと読んだ感じでは、この前のバージョン(2006年版)とから、大きな変化はない。水産物の需要は着実に伸びているのに対して、生産は頭打ちで、水産物の奪い合いが着実に深刻化している。

SOFIAはデータが豊富で、表を見ているだけで何時間でも楽しめる。主要漁業国では日本が一番漁業者の数を減らしている、とか、ノルウェーはSQSによる過剰漁船の削減がほぼ完了した2000年以降は、漁業者が安定している、とか、いろいろわかる。

img09041304

また、世界の養殖生産は飛躍的に伸びているのだけど、日本はすでに衰退傾向にあるのもよくわかる。

img09041301

SOFIA2008は、ここから、全文ダウンロードできます。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://katukawa.com/wp-trackback.php?p=1301
Listed below are links to weblogs that reference
FAOのThe State of World Fisheries and Aquacultureの最新バージョンが出てた from 勝川俊雄公式サイト

Home > お知らせ | 世界の漁業 | 研究 > FAOのThe State of World Fisheries and Aquacultureの最新バージョンが出てた

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 3
  • 今日: 1680(ユニーク: 363)
  • 昨日: 1720
  • トータル: 7574662

from 18 Mar. 2009

Return to page top