Home > その他 Archive

その他 Archive

漁業国益論 (2)


漁業者の利益と国民全体の利益(国益)が乖離したときに、
水産庁は、国益よりも、むしろ、漁業者の利益を選択した。
たしかに、漁業者も国民ではあり、漁業者の利益は国益と言えないこともない。
「漁業者も国民だからサポートするのは当たり前」という理屈であれば、
漁業者からの税収入でやりくりできる規模の予算にすべきである。
産業規模から言えば、経済産業省 食糧部 水産課 ぐらいが妥当だろう。
GNPの0.4%に過ぎない産業に不相応な予算をつかう以上は、
漁業者以外のの国民にサービスを提供する義務があるはずだ。
こういう視点が、漁業者にも行政にも欠けていると思う。

公海漁業が下火になるのは明らかなので、
漁業を維持するには沿岸資源を大切にする以外の方向性はなかったはずだ。
本来であれば、この時点で資源管理を始めなくてはならなかった。
しかし、漁業者はそんなものは望んでいなかった。
漁業者は、「もっと獲りたい、もっと獲らせろ」と要求する。
水産庁は、漁業者の期待に応えるべく、様々な施策を行った。
漁業者と水産庁は、のび太-ドラえもん関係になっていく。
のび太の要求に応えるために、全国に栽培漁業センターを建てたりした。
ドラえもんが大盤振る舞いを続ける背景には、
右肩上がりの税収入という国内事情があった。
「どうやって、税金を消化するか?」という時代が到来したのだ。

水産庁の援護射撃は、主に設備投資の促進による漁獲効率の向上と、
種苗放流による生産力の底上げであった。
これらの援護射撃は、漁業者からは歓迎されたが、
長期的には漁業が行き詰まる原因となった。
すでに、漁獲は飽和状態で、漁場もどんどん縮小していくなかで、
漁獲効率を向上させたらどうなるかは、一目瞭然だろう。
資源が減少して、獲るものがなくなるのは時間の問題だ。
過剰漁獲量は真綿でクビを締め付けるように漁業経営を圧迫した。
借金がある以上、資源が悪化したとしても、漁業を辞めるわけにはいかない。
こうして、資源・漁業は悪循環の坂道を転がり落ちていった。
また、作り育てる漁業への過度の期待が、
限られた自然の生産力を大切にする意識を低くしたことも否めない。

水産庁の援護射撃は空しく、日本の漁業生産(マイワシを除く)は下り坂。
でも、こうなることは少し考えればわかったはずだ。
すでに世界中で漁獲能力の過剰が問題になっていた。
また、政府による補助金が過剰漁獲問題を深刻化させることは広く知られていた。
例えば、70年代に海底油田が発見されて財政が潤ったノルウェーは、
漁業に気前よく税金をつぎ込んだ。
その結果、漁獲能力が急増し、70年代後半に北海ニシンをほぼ崩壊させてしまった。
補助金→過剰な漁獲能力→乱獲 という事例は枚挙に暇が無い。
構造的にそうなって、当然なのだ。
世界では、補助金=悪 というのが常識であり、
国の漁業政策は、どうやって漁業への過剰投資を抑えるかが主要課題となっていた。
世界的に見ても、生産性が高いのは、漁獲努力量の抑制に成功した漁業のみである。

さて、日本の場合は、そのままズルズルと補助を続けて、現在に至る。
海外の失敗から学ぶことなく、失敗が約束されたレールの上を走り続けた。
借金をして漁獲能力を向上させても、資源が低迷して獲るものがない。
それでも、漁業者は借金を返さないと行けないので、
値段が付かない小型魚を根こそぎ獲り、単価の低さを量でカバーしようとした。
そんなことをするから、魚価は下がるし、ますます資源は減少するのだ。
その結果が、借金漬け、資源枯渇、魚価低迷という現在の三重苦だ。
切り札の種苗放流も、金ばかりかかって、効果は焼け石に水だった。
漁業が存続しているのは、日本近海の生産力の高さに依るところが大きいが、
それもいつまでもつことやら。

釧路です


ブロック会議の懇親会では、
最初の挨拶でこのブログの情報公開の記事が取り上げられてびっくり。
なにげに、関係者が見てたりするので、
これからも、がんばって筆を滑りまくらせたい。

二次会で飲み過ぎて、頭がいたいけど、
おもしろい話が聴けたからよしとする。
一足早くブロック会議を終わらせた人たちは、お気楽ですね。
表情が全然違う(笑
まったり飲んでいたら、
「日本の漁業は今後どうあるべきだと思うか」といきなり聴かれたので、
「水産資源は漁業者の私有物なのか、
それとも国の財産なのかを明確にすることが重要」と答えておいた。
この件については、近いうちにブログに書きます。

Ajaxは面白そうだ


ブラウザー上で簡単なシミュレーションをするツールを作りたいのだけど、
やっぱり、JavaAppletは無いよなぁ。

いまさらながらだが、Ajaxはとてもおもしろそうだから、
時間を作って勉強してみたい。

Flexもおもしろそうだけど、ちょっと敷居が高そうだ。
Adobe Flex BuilderもEclipseをベースにしているのか。
Eclipseは初めてさわったときに、「これは来る!」と直感したけど、
ここまで何にでも使われるとは思わなかったな。

 

モデルを信じるものは救われない


今回は匿名でもいいですか?のヒトへのレス

いつまでも匿名で全然構いませんよ。
匿名の方がフランクな意見が書きやすいなら、そっちの方がずっと良いです。

実は,私は,PCで数字をはじき出している研究者の方々をあまり信じていない類の人間でした。
現場の状況,漁業者の実態はもちろんのこと,あなた方が使っているデータがどのように収集されているのか,どこまで分かって解析しているのだろうか,と・・・疑問を持っていたからです。


数理モデルに対する不信感を持っている人は少なくないですね。
そもそも、生物というのは、数式で表現できるほど単純ではありません。
数理モデルで生物の動態を表現するには、大きな限界があるのは当然のことです。
数理モデルを信じないというのは、常識人として正しい姿勢です。
しかし、数理モデルの精度が低いからと言って、
数理モデル自体を否定するのは間違いです。

数理モデルによる資源予測同様に、天気予報もよく外れます。
でも、天気予報不要論は出てこない。
天気予報は外れうるということを知った上で、
情報を使えば充分に役に立つからです。
数理モデルも天気予報と同じで、
信頼度が低いと言うことを理解した上であれば、充分役に立ちます。

モデルを作って、将来予測をすることで、
「なんぼなんでもこれはあり得ないだろう」というシナリオを弾けます。
数理モデルに依存しないTACは、どこまでも漁業者に迎合できる。
漁業者のためと称して、頑張っても獲りきれないような漁獲量を設定できます。
でも数理モデルを使って計算するABCの場合、水増しするにも限界があります。
数理モデルの良いところは、白を黒とは言えないことです。

モデルを使う研究者には2種類います。

  • モデルの正しさを信じて、なんでもモデルで計算して理解したつもりになる研究者
  • モデルが不正確であることを知りつつ、必要な場合には道具として利用する研究者

本当のプロって言うのは、道具の限界を熟知していないといけない。
前者は、モデル愛好家であって、モデルのプロとは言えません。
「モデルで説明できないから、現実が間違えている」とか言い出したりするのです(笑
こういう研究者は、「はいはい、数字遊びは楽しいですね」と放置しておけば良し。
後者としてのモデル利用も放棄することは、合理的な意志決定を放棄することです。
資源評価も、リスク分析も、資源管理も、すべて成り立たたない。

このあたりにも同じようなことを書いてますが、
数理モデルと数理モデル屋は、信じすぎずに上手く利用すれば良いのです。

また,やはり,素人の悲しさからか,はじき出される数値が,どの様に計算されているのか?
『データ → ブラックボックス → 結果』
では,納得できないよぉ~(理解できない・・・オレ頭悪)と,私は思っていました。

なれてない人には敷居が高いでしょうね。
見た目には複雑でも、実際にやっていること自体は単純だと思う。
根底にある考え方を素人にわかりやすく説明できると良いのだけど、
なかなか難しいですね。

Eclipseインストール


JDK5.0 update 7をダウンロードしてインストールする

http://java.sun.com/j2se/1.5.0/ja/download.html

Eclipseはここにある。

http://www.eclipse.org/downloads/

http://download.eclipse.org/tools/ve/downloads/drops/R-1.2-200606280938/index.html

から、以下の4つをダウンロードする。

Eclipse build eclipse-SDK-3.2  
EMF build 2.2.0
GEF Build 3.2
Visual Editor Runtime 1.2

VE-runtime-1.2.zip

 

日本語化するためのランゲージキットは下のページから落とせる

http://download.eclipse.org/eclipse/downloads/drops/L-3.2_Language_Packs-200607121700/index.php

Eclipse本体、プラグイン3つ、ランゲージキットを解凍し、同じフォルダーに放り込む。
上書きしますか?と聞かれるので常にYES。

 

Home > その他 Archive

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 6
  • 今日: 297(ユニーク: 109)
  • 昨日: 1282
  • トータル: 6929016

from 18 Mar. 2009

Return to page top