Home > 俺メモ Archive

俺メモ Archive

世界の浮魚の資源管理に関するレビュー


環境NGO Sustainable Fisheries Partnershipによる、世界の浮魚資源の管理状態に関するレビュー。

  • 比較的良く管理された漁業に由来する漁獲は、全体の66.5%であった。
  • 33%の資源は適切に管理されていないが、資源が実際に減少しているのは17.8%であった。
  • 非常に良く管理されているのは8%で、それらは北東大西洋の資源であった。
  • 小型浮魚類は、海洋生態のなかで、一次生産のエネルギーを高次捕食者に送るカギである。減らしすぎないように、予防的な措置をとる必要があるだろう。

http://cmsdevelopment.sustainablefish.org.s3.amazonaws.com/2014/06/17/Small_Pelagics_Sector_Report_2014_-_FINAL-396e5e21.pdf

漁業の持続性を定量化するは、かなり一般的に行われている。また、最近は、「評価・格付け」をするだけではなく、漁業管理の改善を支援するプロジェクト(Fisheries Improvement Projects, FIPs)も盛んになりつつある。持続性の認証を得るにはどこが足りないかを評価した上で、それを改善していこうという試みである。東京オリンピックまでに、国際的なエコラベル認証を得た水産物を増やすことが急務である。日本の漁業を、世界的な基準で持続性の評価をした上で、FIPsを活用し、持続性の酢単ダーを高めていく必要があるだろう。

Food vision for the London 2012 Olympic Games and Paralympic Games


備忘録

London 2012
Food vision for the London 2012 Olympic Games and Paralympic Games

ロンドンオリンピック・パラリンピックのフードビジョン(食事指針)

http://www.london.gov.uk/sites/default/files/LOCOG%20food%20Vision_Dec%2009.pdf

 

The London Organising Committee of the Olympic Games and Paralympic
Games (LOCOG) is the first Games organiser to publish a food vision. The task
we have set ourselves is considerable: to deliver a catering operation of the
highest quality, on a gigantic scale. And to do that sustainably.

フードビジョンが策定されたのは、ロンドンが最初である。

 

水産原料に関する指針

All fish demonstrably sustainable** with all wild-caught
fish meeting the FAO Code of Conduct for Responsible
Fisheries (includes Marine Stewardship Council
certification and Marine Conservation Society ‘fish
to eat’), of high quality, fit for purpose and free
from damage or spoilage.

「全ての水産物は明示的に持続的でなければならない」とある。

 

明示的に持続的の定義は以下の通り。

** Based on the following principles:
– Exclude the worst: complete exclusion of those species and stocks identified
by the Marine Conservation Society (MCS) as ‘fish to avoid’.
– Promote the best: inclusion of all Marine Stewardship Council (MSC)
(or equivalent) and MCS ‘fish to eat’ list.
– Improve the rest: require systematic approach to traceability and
demonstrable sustainability for the rest, with reference to FAO Code of
Conduct for Responsible Fisheries; new IUU regulation; fishery sustainability
status; seasonality to avoid spawning seasons; use of a diversity of species
(including shellfish)

水産物に関連する放射能測定データの所在


JAMSTEC白鳳丸の沖合30kmの計測データ(文科省)

http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1304148.htm

東京電力の沿岸海水データ

福島第一原子力発電所付近の海水からの放射性物質の検出について(第七報)

http://www.tepco.co.jp/cc/press/11032704-j.html

福島第一原子力発電所付近の海水からの放射性物質の検出について(第6報)

http://www.tepco.co.jp/cc/press/11032602-j.html

水産物の調査(水産庁)

福島県内での原発事故にかかる我が国水産物の検査(輸出業者の方へ)

水産物(マサバ等)の放射能検査結果について

水産物(キンメダイ)の放射能検査結果について

農林水産庁のポータルサイト

福島第1原子力発電所事故による農畜水産物等への影響

英国のセラフィールド再生工場周辺の生物の放射能汚染


http://www.sellafieldsites.com/UserFiles/File/Monitoring%20Our%20Environment%202008.pdf

セラフィールド再生工場が、放射性物質を海洋に流した後の周辺の生物の放射性物質の値が時系列で示されている。1974年にCs137を4000TBq放出したら、1975年に15km内のタラから、600Bq/KのCs137が検出された。

Cs137の放出量と、魚のCs137の含有量は1年遅れで、良く対応している。再生工場から海への放出量を増やせばすぐに増えるし、放出量を減らせばすぐに減る。1980年代に入ると工場の放出量が減少し、1986年以降は非常に低い水準になった。生物の放射性物質含有量も速やかに減少し、1986年以降は、日本の基準値500Bq/kgを上回る値は出ていない。

放出が多かった1970年代中頃は、種によって、蓄積量に大きな違いがある。タマキビガイは、タラの1/3ぐらい。甲殻類はタラの1/20ぐらいの水準であるのに対し、アマノリはRu106を12000Bq/K(湿重量)に達している。

韓国からのクロマグロの輸入量


水産庁が押さえ込もうとしている韓国からのクロマグロの輸入です。

今年もそろそろシーズンインですね。

韓国
品目コード    30235 くろまぐろ(生鮮・冷蔵のもの)

Continue reading

金の切れ目が放流の切れ目


クルマエビの種苗放流についてのメモ

埋め立ての保障事業として瀬戸内海を中心に発展。
日本の種苗放流の成功事例といわれている。

バブル崩壊以降、種苗放流事業が大幅に縮小されている。それに伴い放流尾数が激減中。

放流尾数の減少と漁獲量の減少がシンクロしていることから、放流効果は認められる。
しかし、事業として、採算がとれていたかは不明。


放流尾数 漁獲量(トン)
1956 2385
1957 2152
1958 2912
1959 2756
1960 2986
1961 3767
1962 2846
1963 2920
1964 3032
1965 2915
1966 2268
1967 2031
1968 1573
1969 1290
1970 1263
1971 1983
1972 2232
1973 2780
1974 2653
1975 2895
1976 2579
1977 2440
1978 2673
1979 2468
1980 2307
1981 2864
1982 3068
1983 300585 3578
1984 293620 3356
1985 291909 3741
1986 306910 3357
1987 336933 2904
1988 323964 3242
1989 288747 2802
1990 315427 3157
1991 317878 2875
1992 322565 2498
1993 304235 2263
1994 277866 2685
1995 275192 2668
1996 257709 2262
1997 265002 2144
1998 225129 2069
1999 206835 1523
2000 183140 1447
2001 173234 1271
2002 149636 1123
2003 153257 1033
2004 142235 1044
2005 124892 956
2006 122422 874
2007 112688 863
2008 105188 726

データソース

漁獲量は漁業養殖業統計年報、放流実績は、http://www.yutakanaumi.jp/sub/saibaijisseki.htmlより引用。

Vista で SMB over SSH


自分で建てたLinux ServerとWindows クライアントでファイル共有をするのに、便利なSMB over SSH

http://datafarm.apgrid.org/document/html/ja/user/smboverssh.html

これがVistaでは使えなくなっていた。

cannot listen to port: 445というエラーが出て、ポートフォワードができないのです。

いろいろ調べたら、Microsoftが余計な変更を加えたみたい。

http://social.technet.microsoft.com/Forums/en-US/itprovistanetworking/thread/d30d3c98-58c5-47f6-b5a5-f5620882020d

困っている人多数で、それを解除するツールがすでにあった。

http://www.sshvpn.de/のLocalSMB.exeを実行したら、無事にSMB over SSHができるようになりました。

めでたし、めでたし。

北九州周辺のマグロの水揚げ


俺メモです

韓国の動き

韓国にマグロの畜養の動きはまだ無い。

韓国サバ水揚げ(巻き網)福岡経由で日本市場へ

3/15  700本
3/16  500本
3/24  500本
4/1   150本

平均60kgが、1850本=111トン

日本船の漁獲

4/12 五島 600本
4/13 五島 60本 (20-30kg)
4/19 五島 124本(30-34kg)、 111本(23- 24kg)
4/20 五島 40本 (30-60kg)
4/21 五島 33本 (50-60kg)
4/26 五島 14本 (20-30kg)

韓国よりもややサイズが小さいので別の群れ?

30kg後半(3歳)から成熟開始なので、五島の漁獲の大半は未成熟。
初回産卵は卵質がわるいので、再生産に寄与するのは、50kg以降(4歳)か。


日本のマグロ畜養生産量の見通し

一昨年は、ヨコワを獲りまくったので、今年は1万トン出荷予定。
去年はヨコワ不漁のため、池入れが少なく、来年は5千トン出荷予定。

羅臼漁協14隻にデータ空白【全国・海外ニュース/ 社会】- 大分合同新聞


羅臼漁協14隻にデータ空白【全国・海外ニュース/ 社会】- 大分合同新聞.
羅臼漁協のほかの14隻も位置情報を把握するための衛星通信漁船管理システム(VMS)のデータに2時間以上の空白があることが22日、北海道の調査で分かった。

今度、米国にVMSの話を聞きに行くから、こういう空白が日常的に生じるものなのか質問してみようっと。

中止ボタンがしいたけに見えて困る :: Add-ons for Firefox


中止ボタンがしいたけに見えて困る :: Add-ons for Firefox.

早速導入した。firefoxの操作性が10%ほどアップしたような気がするが、たぶん気のせいだろう。

Home > 俺メモ Archive

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 2
  • 今日: 1084(ユニーク: 114)
  • 昨日: 2279
  • トータル: 6805493

from 18 Mar. 2009

Return to page top