Home > 世界の漁業 | 俺メモ > 世界の浮魚の資源管理に関するレビュー

世界の浮魚の資源管理に関するレビュー


環境NGO Sustainable Fisheries Partnershipによる、世界の浮魚資源の管理状態に関するレビュー。

  • 比較的良く管理された漁業に由来する漁獲は、全体の66.5%であった。
  • 33%の資源は適切に管理されていないが、資源が実際に減少しているのは17.8%であった。
  • 非常に良く管理されているのは8%で、それらは北東大西洋の資源であった。
  • 小型浮魚類は、海洋生態のなかで、一次生産のエネルギーを高次捕食者に送るカギである。減らしすぎないように、予防的な措置をとる必要があるだろう。

http://cmsdevelopment.sustainablefish.org.s3.amazonaws.com/2014/06/17/Small_Pelagics_Sector_Report_2014_-_FINAL-396e5e21.pdf

漁業の持続性を定量化するは、かなり一般的に行われている。また、最近は、「評価・格付け」をするだけではなく、漁業管理の改善を支援するプロジェクト(Fisheries Improvement Projects, FIPs)も盛んになりつつある。持続性の認証を得るにはどこが足りないかを評価した上で、それを改善していこうという試みである。東京オリンピックまでに、国際的なエコラベル認証を得た水産物を増やすことが急務である。日本の漁業を、世界的な基準で持続性の評価をした上で、FIPsを活用し、持続性の酢単ダーを高めていく必要があるだろう。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://katukawa.com/wp-trackback.php?p=5694
Listed below are links to weblogs that reference
世界の浮魚の資源管理に関するレビュー from 勝川俊雄公式サイト

Home > 世界の漁業 | 俺メモ > 世界の浮魚の資源管理に関するレビュー

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 3
  • 今日: 383(ユニーク: 145)
  • 昨日: 1156
  • トータル: 6623109

from 18 Mar. 2009

Return to page top