Home > 研究 > 元データの重要性

元データの重要性

  • 2006-07-23 (日) 0:01
  • 研究
[`evernote` not found]

治安が「あぶない」が「あぶない」

殺人事件の被害者数と、交通事故を除いた刑法犯罪被害者(傷害致死等を含む)について、犯罪白書を全巻集めて、私が集計したグラフをひとつだけ載せておく。これをみれば、80年代よりも、現在が大幅に安全であることが一見して理解できるであろう。

日本の治安に関しては、終末思想的な報道が多いけど、
数字を見れば凶悪犯罪が激減してることは明らかなんだよね。
とくに未成年の殺人・強姦は40年前と今とでえらい違いだ。
もちろん40年前の方が多い。
おじさん達が「若者の凶暴化」とかいってもへそが茶を沸かす。
あんたらの方がよっぽど凶暴だったでしょ。

印象ではなくちゃんと数字を見ることが大事なんだよね。
とくにグラフがくせ者なのだ。
自分が言いたいことを示すために、上手にトリミングをして、
恣意的なグラフを作るというのは日常茶飯事だ。
こういったグラフが至る所に氾濫しているのが現状だ。
グラフを鵜呑みにするのではなく、元のデータをあたること。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://katukawa.com/wp-trackback.php?p=17
Listed below are links to weblogs that reference
元データの重要性 from 勝川俊雄公式サイト

Home > 研究 > 元データの重要性

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 1
  • 今日: 1117(ユニーク: 281)
  • 昨日: 954
  • トータル: 7746441

from 18 Mar. 2009

Return to page top