Home > 日記 > Them Crooked Vultures

Them Crooked Vultures

  • 2009-12-18 (金) 6:10
  • 日記
[`evernote` not found]

Them Crooked Vultures

Dave Grohl
Joshua Homme
John Paul Jones

と、まあ、説明不要のとんでもないメンバーではあるが、期待以上のできだった。DaveとJoshuaは、QOTSAで一緒にやっていたりして、想像の範囲内であったが、JPJがくるとは驚き桃の木。3人の作り出す音が、実になじんでいるのだよ。House of Holyに通じる退廃的な雰囲気がたまらんね。オリジナルは、モノがちがいます。だがしかし、単なるZEPリバイバルではない。グランジやストーナーを経た新しい音で、プリミティブなロックを指向している。

ちょっぴり太ったDaveはNirvana時代よりも太い音で、ボンゾのごとくたたきまくっている。でもって、Joshua Hommeは、いつも通り、良い仕事をしている。緩急自在なリフのかっこよさは相変わらずだ。あと、いつもよりも声に張りがある。

残念なのは、Kyuss時代の緊張感がないこと。アルバムは、印象に残らない曲が多い。8曲40分ぐらいに絞った方が、よかったかもしれん。俺的には、だらだらと曲が続くのも好きだから良いけど。

まあ、つべこべ言うより、聴いた方が早いでしょう。にこやかにプレイする御大が印象的です。


Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://katukawa.com/wp-trackback.php?p=2691
Listed below are links to weblogs that reference
Them Crooked Vultures from 勝川俊雄公式サイト

Home > 日記 > Them Crooked Vultures

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 0
  • 今日: 856(ユニーク: 201)
  • 昨日: 876
  • トータル: 7690112

from 18 Mar. 2009

Return to page top