Home > 日記 > ITQシンポの感想

ITQシンポの感想

  • 2010-02-02 (火) 7:22
  • 日記
[`evernote` not found]

話としてはわかりやすかった反面、知っていることがほとんどで、正直、物足りなかった。持ち時間が一人30分では短すぎて、概略しか話せない。概略の部分は、新しめの英語の教科書には書いてあるのだから、ディテールをしりたかったんだけどな。一人1時間半ぐらいで、みっちり話をしてもらった方が良かったと思う。いくつか、興味深い文献を知ることができたのが収穫。

日本のボトムアップ管理への評価は低かったなぁ。総合討論での識者のコメントはこんな感じ。

「魚価が安いなら、魚価が上がるような方策をとればよい。ITQを導入したら、まず間違いなく魚価が上がる。世界中で同様のことがすでに観察されている」
日本の産地市場の写真をみて「魚がたったそれだけで、人がそんなに大勢いたら、利益は出ないだろう」
「資源管理は、漁獲圧や資源量などの目的を設定して、その目的を達成するためのツールである。日本の沿岸管理には、定量的な目標は設定されているのか」
「どんな管理にもトップダウンとボトムアップの両者のファクターが組み合わさっている。ボトムアップしかない管理は考えられない。ボトムアップ管理というのは、たいていの場合、管理をしないための言い訳なんだよ」

大本営発表は、海外の専門家にはすでに見破られているようです。未だに騙されているのは、日本の一般国民ぐらいだろうね。

Comments:3

うおいちば 10-02-02 (火) 11:58

勉強不足ですいません。ボトムアップ管理とトップダウン管理とは?

うおいちば 10-02-03 (水) 13:25

うおいちばです。
すいません。先のコメント、良く考えると分かりました。しかし、海外から見ると日本の管理は、ゆるゆるなんですね。

勝川 10-02-08 (月) 15:58

ゆるゆるというよりも、管理をしていないといった方が適切でしょう。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://katukawa.com/wp-trackback.php?p=3048
Listed below are links to weblogs that reference
ITQシンポの感想 from 勝川俊雄公式サイト

Home > 日記 > ITQシンポの感想

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 0
  • 今日: 464(ユニーク: 183)
  • 昨日: 669
  • トータル: 7659214

from 18 Mar. 2009

Return to page top