Home > 漁業改革 | 研究 > 戦いを振り返る

戦いを振り返る


TACとABCの乖離を批判し続けて、ずいぶんと経った。漁獲枠(TAC)が持続的な水準(ABC)を超えているというのは、資源管理の原理原則からして、あり得ない。日本では、TACをABCより下げましょうという、当たり前のことを主張するのも大変なのだ。その当たり前なことを公的に主張し続けた研究者は俺ぐらいだろう。結果として、いろんなところで矢面に立つことになった。また、小松さんは、その当たり前のことを主張した唯一の行政官だったのだが、結局は水産庁を出ることになった。

ABCを超過するTACを巡る戦いの歴史を少し振り返ってみた。

2004年
北海道ブロック外部委員になる
2005年
11月 シンポジウムで、TACとABCの乖離を非難し、巻き網漁業者から恫喝される
2006年
3月 マイワシの乱獲を停止するように、研究者提言を出そうとするも断念
6月 月刊海洋にマイワシの乱獲に関する批判記事を書く
8月 釧路キャッスルホテルの戦い(怒鳴り合いの末、勝利)
2007年
1月 朝日新聞でマイワシのTACの記事が出る (一般紙初の乱獲批判)
2月 高木委員会の緊急提言が公表される
4月 マサバ太平洋系群の大臣許可の漁獲がTACを6万トン超過
5月 高木委員に呼ばれて話をする
6月 毎日新聞「ノルウェーのニシン」「魚の乱獲防止に税金投入を」
6月 小サバの輸出を批判する
7月 みなと新聞に集中連載し、業界に一石投じる (業界紙初の乱獲批判
7月 クローズアップ現代で、マサバの乱獲を取り上げる (地上波初の乱獲批判
7月 水産学会誌「マイワシ資源の変動と利用」にて、問題提起(学術誌初の乱獲批判)
7月 高木委員の本提言がでる
8月 小サバ輸出を非難する新聞報道(共同通信)
10月 ノルウェーに行き、漁業改革の必要性を確信
12月 小松さんが水産庁を離脱
12月 規制改革会議2次答申
12月 業界紙にて、マサバの乱獲を厳しく非難
2008年
3月 水産庁の見直し検討会に先駆けて、みなと新聞紙上で、TAC制度の問題点を整理してあげる
3月 水産庁→漁業情報センター→トロール→北巻きの岩崎氏(自称 民間の学識経験者)が、かみついてきたので軽くあしらう
4月 TAC見直し検討会が始まる
4月 水産庁きっての資源管理通である佐藤力成氏が、TAC真理教を発表し、一部で話題になる
4月 北海道新聞がABCとTACの乖離を指摘する
6月 フジテレビ とくダネにて、日本の漁業政策の問題点を指摘
7月 三重大に異動
7月 豪州・NZに行く
7月 ABCが複数化される
8月 低水準のスケトウダラの現状維持シナリオをABCに入れるかどうかで揉めるが、回復計画のからみもあり譲歩
9月 偉い先生がABCは無視して良いと勘違いをしていたので、誤りを指摘する
10月 ABCの批判を繰り返す懇談会に業を煮やし、自粛気味だった批判を再開
11月 朝日新聞で個別漁獲枠制度の必要性を訴える
12月 東大にてシンポジウムが開かれる。水産庁OBが動員をかけて、ヤジを飛ばしてきたので、怒鳴り返す(本郷の戦い)
2009年
1月 現地の関係者と連絡をとり、水産庁のNZレポートの誤りを指摘してあげる
3月 マイワシのTACがABCと等しくなる
4月 マサバのTACがABCと等しくなる
20XX年
x月 日本でも個別漁獲枠制度が導入され、漁業が新しい産業に生まれ変わる

それにしても、ずいぶんと、大勢の人間と戦ってきたもんだ。実際は、これだけじゃないんだけどね。歴史を振り返ればわかるように、主戦場は、マイワシとマサバ。この二つの資源のTACがABCまで、下がったというのは誠にめでたいことでございます。ABCは無視して構わないと主張してきた人間は涙目だろう。多勢に無勢ではあったが、結局は、筋が通った方が勝ったわけだ。世の中、まだまだ捨てたもんじゃないね。今日まで、戦ってこれたのも、陰から応援してくれる皆様のおかげであります。いつも、いろいろな情報を提供していただきありがとうございます。あと、流れ弾が当たってしまった人は、ごめん。

ABCを超えるTACが社会問題に発展したことから、水産庁も、がんばってABCまでTACを下げたのだろう。組織防衛の観点から、妥当な判断だと思う。水面下でかなり調整をしたはずだが、その努力は長い目で見て、必ず報われる。

Comments:10

沿岸漁業の一漁師 09-04-29 (水) 6:49

非常に参考になります。長い年月がかかっているのですね・・・・・・・・・・・・・。

あとは『地方自治による自主性』を逆手に取る地方自治体と漁協の問題の解決ですかねw。
『漁師が決定事項に説明を求めること、疑問を呈することはケシカラン』そうでwwwwww。
ミャンマー軍政や北朝鮮と変わらないですw。

勝川 09-05-01 (金) 11:09

やはり、積み重ねですね。
3年前は、TACがABCまで下がると思っていた研究者はいないと思います。

>『漁師が決定事項に説明を求めること、疑問を呈することはケシカラン』
これは驚きです。説明責任って言葉は、地方にはないんですかね?

元漁師 09-04-29 (水) 13:15

いやいや勝川さんこそグッジョブです!
影ながら応援してます!がんばれパパ!

勝川 09-05-01 (金) 11:15

いやぁ。どうもどうもです。
たまに、水産庁を褒めるネタがあると嬉しいです。

県職員 09-05-01 (金) 17:30

「漁師が決定事項に説明を求めること、疑問を呈することはケシカラン」

???????
我が県では余りにも漁業者に意見を聴きすぎるあまり,道理が通らなくなってしまいました。
関係はないのですが,つい先日某魚種の資源回復計画の会議に出ました。
資源の回復が目的なのですから行政担当者も,小手先の漁業調整的な交渉手法ばかりにとらわれず,もっと資源学を勉強すべきだと痛感しました。
資源あっての漁業者ですし。

勝川 09-05-07 (木) 11:04

このあたりは、立場によって、意見が違いそうですね。
コミュニケーションがうまくいっていないと思います。
行政と漁業者、さらには、漁業者間の意思の疎通は難しそうですね。

資源回復計画は、資源回復を口実に、
今まで通りの補助金行政をしているように見えます。
回復計画の予算の大部分は、ある特定の計画に流れていると聞いたけど、
本当かなぁ。知っている人いたら、こっそり教えてください。

沿岸漁業の一漁師 09-05-03 (日) 14:55

ヒントとしましては『 ま た ○ ○ か 』と言われる地域ですw。

>これは驚きです。説明責任って言葉は、地方にはないんですかね?

資源保護の事案ではないですが。
ないんじゃないでしょうか?『地方自治』ということですかねw。

沿岸漁業の一漁師 09-05-07 (木) 17:27

>コミュニケーションがうまくいっていないと思います。

良いにつけ、悪いにつけ、どういったポジションの漁業者を対象にするかで納得する人、しない人が出ますからね。
全員、納得というのは無理でしょうけど。

>行政と漁業者、さらには、漁業者間の意思の疎通は難しそうですね。

漁業者の中でも本気で漁業で飯を食っている人間と漁業への投資に対しては節約第一でただただ政治工作に長けている人間とではずれが生じますしね。後者の方がどう見たって業界にとってはプラスにならないことでもはい左様で御座いますと従っていれば温い飯を食えますw。

>回復計画の予算の大部分は、ある特定の計画に流れていると聞いたけど、

うちの地区では目に付く限りですと覆砂事業に力を入れていますね。濁りが出るから如何なものかと思いますがw。
マリコンや資材屋さんに金が回りますしねw。

勝川 09-05-13 (水) 11:59

日本では、研究者と漁業者のコミュニケーションも断絶していますね。
アイスランドは、経験ある漁労長を研究船に乗せて調査漁業を行っています。
調査の質と、漁業者への信頼を同時に高めようという狙いです。
こういう取り組みが日本でも必要だと思います。

沿岸漁業の一漁師 09-05-13 (水) 17:43

>日本では、研究者と漁業者のコミュニケーションも断絶していますね。

漁業者は自治体の研究者と申しますか技官職とのたま~にですが接することがありますね。
技官の方々は自治体の水産業への取り組み意欲で大きな差が出てきますね。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://katukawa.com/wp-trackback.php?p=1461
Listed below are links to weblogs that reference
戦いを振り返る from 勝川俊雄公式サイト

Home > 漁業改革 | 研究 > 戦いを振り返る

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 1
  • 今日: 1076(ユニーク: 112)
  • 昨日: 2279
  • トータル: 6805485

from 18 Mar. 2009

Return to page top