Home > 日記 > 読売新聞 9/30(日) 減る魚2

読売新聞 9/30(日) 減る魚2

  • 2007-10-01 (月) 18:12
  • 日記
[`evernote` not found]

読売新聞 9/30(日)
サイエンス 学び 
減る魚(パート2)
産卵可能時まで保護必要~大衆魚 揺らぐ「周期的増減」説

「若齢魚の漁獲を控えて、資源回復を図ろう」という内容
論点が明確でわかりやすいと思います。

俺が登場するのは2カ所。
マサバについては、
「若い魚の乱獲が回復の芽を摘むからではないか」
マイワシについては、
「90年代半ばから、漁獲規制をかけていれば、ここまで減らなかった」
というコメントが掲載されました。

俺以外にも、川崎先生、西田さん、桜本先生が登場します。
これはシリーズ物で、パート1のマグロには平松さんが登場しました。
どちらも、海洋研の5階の廊下に貼ってあります。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://katukawa.com/wp-trackback.php?p=378
Listed below are links to weblogs that reference
読売新聞 9/30(日) 減る魚2 from 勝川俊雄公式サイト

Home > 日記 > 読売新聞 9/30(日) 減る魚2

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 2
  • 今日: 1194(ユニーク: 135)
  • 昨日: 889
  • トータル: 7766569

from 18 Mar. 2009

Return to page top