Home > 放射能 > 日本の魚を【比較的】安全に食べるための私案

日本の魚を【比較的】安全に食べるための私案

[`evernote` not found]

注意: 水産物の放射能汚染から身を守るために、消費者が知っておくべきことの補足ですので、必ず元記事を読んでください

ツイッター等の反応を見ていると、元記事を読んで、日本の水産物は食べられないと結論づける人が多かったようですが、「ゼロリスクではないから、水産物は一切食べない」というのは、もったいない話です。日本はすでに放射性物質の汚染が起こってしまった以上、絶対の安全・安心はありません。情報を集めて、危険な部分を上手に避けて、リスクコントロールをする必要があります。最終的に、どうするかは各自が考えて決めることです。専門家はそのための材料は提供できますが、結論を出すことはできません。こちらの記事では、あえて結論は書きませんでした。ただ、必要以上に怖がっている人が多そうなので、参考までに自分がどうする予定かを書きます。もちろん、参考にするかどうかの判断は、くれぐれも自己責任でお願いします。真似をしたからといって、責任は持てませんよ。

潜在的なリスクは、海域によって三段階に区分できる

まず、理解しておいてほしいことは、海域によってリスクが全然違うということです。日本の水産物すべてを一緒くたにして、安全か危険かを判断するのはナンセンス。私的は、こんな感じで捉えています(理由はここ)。

危険度A: 福島原発周辺:底土汚染の可能性 → 汚染が長期化が懸念される(数年~数十年)
危険度B: 福島周辺の県:汚染水通り道 → 汚染水通過後、安全確認 → 海は広いので、数ヶ月~1年でたぶん収束と思う
危険度C: 八戸以北、千葉以南:現状では問題なさそう。魚の移動が有ったとしても、生態系全体が汚染されるようなことはないと思う。

許容するリスク水準の設定

つぎに許容できるリスクの水準を決めます。自分の場合は、子作りをする予定もないし、長生きをしたいとも思わないので、多少の被弾は覚悟で、うまい魚を食いまくります。一方、子供の被曝は取り返しがつかないので、できるだけ予防的に処置したいと思います。

自分が食べる場合

中年&子作り予定無しなので、危険度Cの魚は気にせず食べます。といっても、現状では、危険度A, Bの魚はほとんど流通していないので、普通に買い物してもそれほど目にする機会は無いです。

汚染水の通過経路を外れた魚は、現状では汚染の確率は低いです。移動があるから、確率はゼロではないけど、交通事故みたいなもの。また、汚染されているとしても、数百ベクレル程度だろうから、少しぐらい食べても、大人なら発がんリスクがほんの少し上がるだけ(この根拠は時間があれば、後日書きます)。特に長生きしたいとも思わないので、気にしない。むしろ、神経質になったり、魚を食べずにバランスの偏った食生活を送る方が、健康に悪いと思います。

子供に食べさせる場合

子供の健康リスクはわからない部分も多いし、短期的にはヨウ素、長期的にはストロンチウムが心配なので、予防的に避けます。

1.茨城・福島・宮城→放射能流出終了後、安全が確認されるまで徹底して避けます
2.6月ぐらいまでは、大気経由のヨウ素が心配なので、念のため関東の浮魚は避けます
3.生態系全体の汚染状況が把握できるまでは、日本海の魚、神奈川以西の定住魚(プランクトン食ならなお安心)、輸入魚、イカを中心のシフト。

Comments:4

774RR 11-05-05 (木) 21:30

こういうのを国がフォローすべきなんですけどね。助かります。
ところで秋以降南下してくる伊豆諸島産卵群などの浮魚についてはどう思われてますか?
どの程度影響があるかまだ分からないので一応注意しておいた方がいいのかも・・・

maki 11-05-06 (金) 16:24

有益な情報、ありがとうございますm(_ _)m
小学生の娘がいますので、給食の食材にはかなりナーバスになっています。

ひとつ、おうかがいしたいことがあります。
日本人の食卓に欠かせない「ダシ」ですが、
「鰹」「いりこ」「昆布」の汚染についてのお考えを
お聞かせいただけないでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

apple 11-05-27 (金) 3:47

「関東の浮魚」を具体的に列記していただけませんか?

ユメカナッタ☆ 11-05-31 (火) 19:43

appleさん同様に具体的に書いていただくと助かります。

神奈川以西の定住魚(プランクトン食ならなお安心)などは特にわかりません。

でも、コンピューター監視法が成立してしまったらこういうサイトも農林水産省によって消されるかも?

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:3

Trackback URL for this entry
http://katukawa.com/wp-trackback.php?p=4369
Listed below are links to weblogs that reference
日本の魚を【比較的】安全に食べるための私案 from 勝川俊雄公式サイト
pingback from 『水産物の放射能汚染から身を守るために、消費者が知っておくべきこと』 って記事がとっても良かったので紹介 - パイパー小池のDiary - Pipers Caffe Diary 11-05-05 (木) 22:41

[…] 日本の魚を【比較的】安全に食べるための私案 […]

trackback from tacchyの本音トーク 11-05-15 (日) 22:12

[原発事故7]海洋汚染と「魚の安全」をどう考えるか?(1)

tacchyです。 海洋汚染に関しては、各所の海水のモニタリングが重要と思います

pingback from 品川 野菜を食べるカレー camp express - LifeTeria 11-05-24 (火) 0:37

[…]  ・日本の魚を【比較的】安全に食べるための私案 […]

Home > 放射能 > 日本の魚を【比較的】安全に食べるための私案

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 0
  • 今日: 862(ユニーク: 209)
  • 昨日: 647
  • トータル: 7636979

from 18 Mar. 2009

Return to page top