Home > 研究 > 海洋環境が悪ければ、乱獲をしてもOK?

海洋環境が悪ければ、乱獲をしてもOK?

  • 2006-08-21 (月) 17:50
  • 研究
[`evernote` not found]

資源減少に対する都合の良い言い訳として、環境変動がしばしば使われる。
「海洋環境が悪化したから、資源の減少はしょうがない」というわけだ。

そもそも資源の生産力が、経年変動するのは分かり切ったことである。
人間がコンスタントに獲りたいからと行って、それは無理。
自然が人間の都合に合わせてくれない以上、
人間の側が自然の変動に対応する必要がある。
生産力の変動に対する準備をしない時点で、人間の側のミスだろう。
それを棚に上げて、「減少は海洋環境が原因だから」といって、
いつまでも強い漁獲圧をかけ続ける。
増加から減少に転じて数年ならともかく、
10年以上同じような減少傾向が続いているなら、
人間の側が対応する努力をしないといけないだろう。

資源が増加をするときに漁船のキャパシティーを増やすことには積極的だが、
資源が減少をしたときに資源を守る努力はせずに、
むしろ、肥大化した努力量を維持しようと必死になる。
結果として、資源はどこまでも減少をする。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://katukawa.com/wp-trackback.php?p=57
Listed below are links to weblogs that reference
海洋環境が悪ければ、乱獲をしてもOK? from 勝川俊雄公式サイト

Home > 研究 > 海洋環境が悪ければ、乱獲をしてもOK?

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 3
  • 今日: 1114(ユニーク: 281)
  • 昨日: 954
  • トータル: 7746438

from 18 Mar. 2009

Return to page top