Home > 日記 | 雑記 > カツオ不漁に高齢化、負債返済できず漁協解散…三重

カツオ不漁に高齢化、負債返済できず漁協解散…三重


三重県尾鷲市古江町の古江漁協は20日、約3億6000万円に上る県信用漁協連合会からの負債が返済できないとして、自己破産の手続きを開始し、来年1月末までに漁協を解散することを決めた。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20081220-OYT1T00605.htm?from=navr

明日は我が身のところも多そうだ。

例年は12月は忘年会需要で、高級鮮魚を中心に値段も流通量も増えるのだが、
今年は、消費が冷え込んでて、忘年会もキャンセルが相次いでいる。
今まで、それなりの店で忘年会をしてきた大企業も、安売りがウリのチェーン店に流れていて、
国産高級鮮魚の動きが極めて悪く、年を越せない業者も出てくるだろう。

水産庁OBによれば、日本漁業はまあまあ良い状態で、改革の必要は無いそうだし、
水産庁が選んだ日本を代表する有識者の方々は税金をつかって1年間、話し合った結果、
「混乱を避けるために、国は何もしない方が良い」という結論みたい。

彼らには、こういう末端の漁業関係者の困難は、どうでも良いんだろうか?

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://katukawa.com/wp-trackback.php?p=683
Listed below are links to weblogs that reference
カツオ不漁に高齢化、負債返済できず漁協解散…三重 from 勝川俊雄公式サイト

Home > 日記 | 雑記 > カツオ不漁に高齢化、負債返済できず漁協解散…三重

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 3
  • 今日: 923(ユニーク: 283)
  • 昨日: 1087
  • トータル: 6902493

from 18 Mar. 2009

Return to page top