Home > 漁業国益論 | 研究 > 漁業国益論 (4)

漁業国益論 (4)

[`evernote` not found]

土木関係の公共事業の話題がコメント欄で多く出てきたので、
予算の内訳を見てみよう。
平成18年度の農林水産庁予算のページ
http://www.maff.go.jp/soshiki/kambou/kessan/h18/kettei/index.html

予算のpdfファイル
http://www.maff.go.jp/soshiki/kambou/kessan/h18/kettei/pdf/h18yosan_gaiyou.pdf

kokueki1.png

最後の漁港・漁場の整備が大きなウェイトを占めている。
より詳しい内容については、本文参照のこと。

公共事業はこんな感じ。

1451億円
国際水産物強化緊急対策事業

1122億円
種苗放流と連携した漁場環境の保全創造
複数の事業主体による漁場整備

やはり、桁が違う。
水産名義の予算の大部分が土木工事に流れるのは皆さんご存じの通り。
残念ながら、水産土木については、知識が無いので、
このブログに書けるようなネタがありません。
ここの部分に触れないのは両手落ちとも言えるのですが、
勉強をしようにも、情報がネットにも落ちていない。
水産土木については、現場の声が重要な情報源となりますので、
引き続き、コメント欄にて情報提供をお願いします。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://katukawa.com/wp-trackback.php?p=108
Listed below are links to weblogs that reference
漁業国益論 (4) from 勝川俊雄公式サイト

Home > 漁業国益論 | 研究 > 漁業国益論 (4)

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 0
  • 今日: 1117(ユニーク: 281)
  • 昨日: 954
  • トータル: 7746441

from 18 Mar. 2009

Return to page top