Home > 漁業システム論 > 漁業システム論(8) ジーコジャパンと日本漁業

漁業システム論(8) ジーコジャパンと日本漁業


世界のサッカーでは、システムとして機能するチームが勝ってきた。
スーパースターを並べればそれで勝てるわけではない。
歴代のサッカーチームのなかで、最もタレントが豊富だったと言われる
黄金のカルテットですら、結果を残せなかったのだ。

ジーコ・ジャパンのシステムは素人目にも破綻していた。
システムが破綻しているときに、選手個人に出来ることはほとんど無い。
ジーコ・ジャパンがドイツで惨敗したのは選手の責任ではない。
誰がピッチに立とうと、同じような結果に終わっただろう。
システムの不全は、監督であるジーコの責任だ。

だからといって、ジーコを非難してもしょうがない。
彼なりにベストを尽くしたのだろうから。
世界のサッカーは90年代以降、戦術が急速に進化したのだが、
ジーコはその時期に日本でプレーして、そのまま引退した。
プレイヤーとしてシステマチックな近代サッカーを経験していないし、監督経験もない。
80年代のサッカーしか知らない人間に、近代的なチームを作れといっても無理だろう。
ジーコを監督に選んだ時点で、システムが破綻することは確定的だった。
ネームバリューだけでジーコを選んだのが日本サッカー協会であり、
それを暗に支持したのが日本のサッカーファンなのだ。
ファンの多くは、日本を応援をして騒ぎたいだけで、サッカーの内容には興味がないだろう。

ジーコジャパンと日本の漁業は共通点が多い。
上の文章を日本の漁業に置き換えると次のようになる。

Comments:2

県職員 06-10-18 (水) 16:06

さあいよいよ世界の先進的サッカーを詳解してもらえる頃ですね。僕は,全てのプレイにおける役割,動き方がきわめてシステマチックに,プレイ開始前に決められているアメリカンフットボールが好きですが。

勝川 06-10-19 (木) 17:05

本当はもう少し先の予定でしたがリクエストにお応えして、
ノルウェーの例を紹介しました。
日本にそのまま当てはめられるかは別として、
参考にできる点は多いと思います。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://katukawa.com/wp-trackback.php?p=128
Listed below are links to weblogs that reference
漁業システム論(8) ジーコジャパンと日本漁業 from 勝川俊雄公式サイト

Home > 漁業システム論 > 漁業システム論(8) ジーコジャパンと日本漁業

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 4
  • 今日: 297(ユニーク: 109)
  • 昨日: 1282
  • トータル: 6929016

from 18 Mar. 2009

Return to page top