Home > 研究 > Mathematica6.0が素敵すぎる件について

Mathematica6.0が素敵すぎる件について

  • 2007-12-12 (水) 17:54
  • 研究
[`evernote` not found]

今日は本郷まで、Mathematicaのセミナーに行ってきた。
Mathematicaを10年以上、メインで使い続けているので、
今更かなぁという気もしたのだが、参加してみた。

俺的に一番の不満は、シミュレーションの結果を他人に見せづらいこと。
そもそもMathematicaをもっている人なんて、あんまり居ないし、
強引に買わせるにはちょっとお値段が高い。

ウェブ上で遊べた方が面白いので、Javaを使ったりもしたのでした。
http://kaiseki1.ori.u-tokyo.ac.jp/~katukawa/blog/blosxom.cgi/study/article/suketoudara.html
この場合もJavaが入ってないと、みれないとかいう問題もあったりした。

今回のバージョンアップで、この問題点がすべて解消。
予想を上回るすてきな機能てんこ盛りで、もうメロメロの骨抜きですよ。

具体的にどういうことかというと、Manipulateという機能が出来た。
Manipulateコマンドを作ると、あっという間にコントロールボックス付きのオブジェクトがつくれる。
これがExportコマンドで、あっという間にフラッシュファイルになる。
でもって、これをあっという間にウェブにも、パワーポイントにも張れてしまうのだ。
うーん、スーパークール。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://katukawa.com/wp-trackback.php?p=464
Listed below are links to weblogs that reference
Mathematica6.0が素敵すぎる件について from 勝川俊雄公式サイト

Home > 研究 > Mathematica6.0が素敵すぎる件について

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 2
  • 今日: 893(ユニーク: 232)
  • 昨日: 1152
  • トータル: 7782824

from 18 Mar. 2009

Return to page top