Home

勝川俊雄公式サイト

「海洋環境がマイワシに不適」とはどういう意味か?

[`evernote` not found]

「近海洋環境がマイワシに不適だから、資源が低迷している」と広く信じられている。
しかし、いままで見てきたように1992年以降のマイワシの生産力は低くない。
卵の生残率も、成長も、成熟も悪くないのだ。
では、海洋環境がマイワシに不適だという根拠はどこにあるのだろう?

近年のマイワシ減少が海洋環境の変化に由来するという
最大にしておそらく唯一の根拠はWatanabe et al. (1995)だろう。
この論文は、1988-1991年に産まれた卵が漁獲開始前に死んでいたということを示した。

漁獲開始前に死んでいた→減少は漁業以外の要因→海洋環境にちがいない

というロジックが成り立つわけだ。
このロジックはわかりやすく、非常に説得力がある。
俺もこの研究の内容および結果は、妥当だと思う。
ただ、このロジックの有効範囲は、マイワシの卵の生き残りが悪い時期に限定される。
1992年以降のマイワシの卵の生き残りは良かったことは数字が如実に示している以上、
渡邊ロジックで1992年以降の海洋環境がマイワシに不適だったというのは無理だろう。

要点
海洋環境が悪いという説は、消去法によって導かれたものであり、
その消去法は1992年以降は成り立たない。

実は、どういう海洋環境がマイワシに不適であるかは特定できていない。
いろんな説はあるけれど、どの指標も資源変動を明確に説明できるわけではない。
「そういう風に言われると関連ありそうに見えないこともない・・・かなぁ?」
というレベルのものも少なくない。
そんな中で、最も関係がありそうだと言われているのがアリューシャン低気圧(NPI)である。
確かに、ここ100年ぐらいはNPIとマイワシの変動が同期しているように見える。

NPI.png

マイワシが豊漁であった1930年代、および、70年代後半から80年代前半にNPIは低い値を示している。
逆にマイワシが幻の魚と言われた60年代には高い値を示している。
さらに、加入が失敗した1988-1991年のNPIは特異的に高くなっている。
NPIが高い時にマイワシは減り、NPIが低いときにマイワシは増える傾向があるようだ。

NPIは1992年以降は低水準で推移していることに着目して欲しい。
一般に信じられているようにアリューシャン低気圧がマイワシの変動を支配しているならば、
1992年以降にマイワシは増えたはずなのだ。

要点
マイワシの変動を明確に説明できる指標は存在しない。
マイワシの変動に影響を与える最有力候補はアリューシャン低気圧である。
アリューシャン低気圧的を見る限り、1992年以降はマイワシ増加期に相当する。

調べれば調べるほど、最近の海洋環境がマイワシに不適であるという根拠が揺らいでいく。
にもかかわらず、88年以降、ずっと海洋環境条件が悪くて、
マイワシ資源が長期低迷しているという定説が広まっている。
なぜ、このように誤った考えがここまで広まってしまったのだろうか。
その原因を分析する必要があるだろう。

四角く生きれば角がたつ、丸く生きれば情に流される

[`evernote` not found]

昨日2時までかけて、結局エントリーを仕上げることができなかった。
さらに、今日も苦戦中。
同業者に批判的な記事は書きづらい。
日頃、お世話になっている人もいるし。
筆が進みやしない。
でも、男には書かなければいけない時がある。
同業者への配慮ばかりして、研究者としての義務を放棄してはならない。
石原真理子さんを見習って、頑張ろう。

真理子さん、俺に勇気をください。

3月の講演のお知らせ

[`evernote` not found]

3月は講演が3つあります。
都合がつく方は是非、生勝川をお楽しみください。

発表 その1

所内プロ研・シーズ研成果報告会およびミニシンポジウム
日時:2007年3月8日(木)9:00-17:30
場所:中央水研1階ビデオライブラリー室

プログラム
所内プロ研・シーズ研成果報告会
09:00-10:00 岡村 寛(遠洋水研)ベイズ法を使った水産資源の評価
10:00-10:45 米崎史郎(遠洋水研)オットセイの食性と摂餌戦略

ミニシンポジウム  水産資源評価・管理の課題と展望
(講演時間45分,質疑応答15分)
1. 統計モデルと水産資源評価 (座長:岡村 寛)
11:00-12:00 市野川桃子(NMFSコンサルタント)Rと水産資源学
12:00-13:00 昼食
13:00-14:00 北門利英(海洋大)遺伝の統計モデル

2. 国内外の資源評価・管理の問題(座長:北門利英)
14:00-15:00 大関芳沖(中央水研)魚種交替の機構解明と予測
15:00-15:10 トイレ休憩
15:10-16:10 平松一彦(東大海洋研)ミナミマグロの資源評価と資源管理(混乱の歴史)
16:10-17:10 勝川俊雄(東大海洋研)水産資源研究の長期展望

3. 総合討論 17:10-17:30(座長:岡村 寛)


水産資源学を今後発展させていくための長期戦略について話すことにする。
内輪っぽい会なので、学会発表などでは話せないようなつっこんだ話をしよう。
このブログにはかけないようなきわどい話もでるかもしれない。
今考えている内容はこんな感じ。

  • ヌル不要論:水産資源学は必要か?
  • 戦術と戦略
  • パラダイス鎖国の限界
  • 実戦フルコンタクト水産資源学
  • 予告編:次にブログネタになるのはこの資源だ!
  • 新聞取材の裏話


発表その2

「IMPACTシンポジウム-海洋の大規模利用に対する包括的環境影響評価の試み-」
http://www.fluidlab.naoe.t.u-tokyo.ac.jp/~buchi/IMPACT/index.html
□ 開催日: 2007年3月20日(火)
□ 場 所: 東京大学本郷キャンパス 山上会館

14:00~14:50   基調講演2
 「順応的管理と水産資源管理への応用」


発表その3

日本水産学会 平成18年度水産学奨励賞 受賞講演
「水産生物資源の順応的管理に関する研究」
3月30日(金) 13:00~14:20 
東京海洋大学品川キャンパス 

その2とその3は、順応的管理の話なので、重なる部分が多いので、準備はまとめてしよう。
どちらも水産資源学以外の人がターゲットなので、話かたに工夫が必要になる。
順応的管理の可能性と限界について、簡潔にまとめたい。
受賞講演って、80分もあるのかと驚いたけど、
1会場で二人ということで一人の持ち時間はその半分らしい。

どこの組織も・・・

[`evernote` not found]

すいさんWatchさんで興味深いものを発見

http://ook.sakura.ne.jp/goo/20070222_2ch.txt

中の人は大変ですね。

もしも、管理をしていたら・・・

[`evernote` not found]

マイワシを適切に管理していたら、今頃どうなっていたかをシミュレーションしてみよう。
ここでは例として、2004年の親魚量が1993年の水準と等しくなるような漁獲率で
資源を利用した場合を検証する。

1980年代以前の平均的な選択性で、
2004年のSSBが1993年の水準と等しくなるような漁獲圧を計算した。

年齢
0
1
2
3
4
5+

漁獲死亡係数
0.140709844
0.356948433
0.600864557
1.173329302
1.608210854
1.44768474

漁獲率
0.131258654
0.300191416
0.451662638
0.690664646
0.799754438
0.764885992

ちなみに、この漁獲死亡係数は、1980年代以前の水準よりも高い。
別に禁漁のような厳しいことをしなくても、親魚量の維持は楽勝だったのだ。

では、この年齢別漁獲率で漁獲をしていたら親魚量と漁獲量はどうなったかを計算してみよう。
管理シナリオとして、1993年から漁獲規制を行った場合と、
1999年から漁獲規制を行った場合の2通りを考えた。

sardinesim01.png

1993年から資源管理を開始した場合、
1996年の加入の成功によってSSBは1997年以降一時的に増加し、
その後元の水準(568千トン)まで戻る。
2004年の推定SSBは51千トンであり、管理をした場合の11分の1に相当する。
1999年から管理を開始した場合には、2004年のSSBは200千トンとなり、
現状の4倍の親魚量が確保できてたことになる。 

それぞれの管理シナリオでの漁獲量を計算すると次の図のようになる。

sardinesim02.png

93年から管理をした場合
漁獲量が現実を下回ったのは、管理開始初年度の1993年のみであった。
790千トン→558千トンへと、漁獲量を232千トン減少させれば、
資源の生産力と漁獲量のバランスを整えることが出来たのだ。
それ以降は、加入の経年変動で多少ふらつきつつも安定した漁獲量を確保できる。
資源管理をしていた場合、1993年から2004までの漁獲量の合計は、6044千トン。
一方、現実の漁獲量は2900千トンとなっている。
初年度に232千トン我慢していれば、その後の12年間にその10倍以上の見返りが会ったわけだ。
また、赤線のような管理をしていれば、今後も35万トン程度の漁獲量が安定して期待できたはずであり、
この差はさらに広がるだろう。

資源管理反対派は、何かというと安定供給を持ち出すのだが、
現状(黒線)と資源管理をした場合(赤線)のどちらが安定供給できるかは明らかだろう。
すでに乱獲状態にある現状の漁獲量を維持することは不可能なのだ。
より激しく乱獲をすることで一時的に漁獲量の減少率を減らすことができるかもしれないが、
その結果として将来の漁獲量の減少を加速させてしまう。
本当に安定供給をしようと思うなら、
出来るだけ早く資源の生産力に見合った水準まで漁獲量を下げるべきである。

99年から管理をした場合
管理開始してから2004年までの漁獲量は112千トンのプラスとなった。
2004年の親魚量は199千トンで現状の約4倍になる。
今後も、現在の4倍程度の漁獲量が今後も期待できることになる。
現在は資源の生産力が高いので、たった6年であっても、かなりの管理効果が得られるのだ。
逆に言うと、ここ6年の間に資源状態は更に悪化しているのだ。

結論
親魚量を維持しながら漁業を続けていくことは充分に可能であった。
しかし、過剰漁獲によって、資源は現在も激減中である。
とくに問題なのは、低年齢への漁獲圧が強まっていることだろう。
このシミュレーションでは、80年代以前の高齢魚主体の選択制を用いたが、
これが管理効果の改善に非常に大きく寄与している。
幸いなことに、現在でもマイワシの生産力は低下していないので、
今からでも適切な管理を行えば、持続的に利用していく事は可能だろう。

「獲らなくても減った」は真実か?

[`evernote` not found]

様々な漁獲パターンの元で資源量を維持するために必要なRPS(卵の生残率)を計算したところ、
次のようになった。

SPR(g) 補償RPS(尾数/親魚Kg)
漁獲無し 169 5.9(=1000/169)
減少前(1976-1988) 93 10.8
減少後(1992-2004) 48 20.7

ここで計算された補償RPSとRPSの実測値と比較してみよう。

rps.png

RPSが緑の線よりも低い年には、漁獲が無くても資源は減少する。
1988-1991の4年間は、緑の線を大幅に下回っており、
この時期には漁獲が無くても資源量が激減したことは明らかだ。
この4年間に関しては、マイワシの減少は自然現象と言っても良いだろう。
92年以降、緑の線を下回ったのは黒潮が例外的な蛇行パターンを示した99年だけである。
この年にも漁獲をしなければ、ほぼ横ばいといった程度の加入の失敗であった。
以上のことから明らかなように、92年以降のマイワシ資源は漁獲をしなくても減るような状況にはない。
92年以降の平均RPSは、漁獲がない場合の補償RPSの3倍以上の水準であった。
つまり、漁獲をしなければ毎世代3倍に増えるような高い生産力があったのである。

オレンジ色の線は、80年代以前の漁獲圧のもとでの補償RPSを示す。
92年以降、前述の99年以外の年のRPSは全てオレンジ色の線を上回っている。
つまり、80年代以前の漁獲をしていたら、資源は増えていたのだ。

赤の線が90年代以降の補償RPSである。
96年が大きく飛び出ているが、この部分は無視して考えて欲しい。
この年に産まれた資源は未成熟のうちに強い漁獲圧に晒されて、
結果として例年と大差がない産卵量しか残せなかったからだ。
資源を回復させる絶好の機会をつぶしてしまったのだ。

ここまでの内容のまとめ

  • 88-91の4年間は、RPSが低く、漁獲をしなくても資源が減った
  • 92年以降のRPSは漁獲をしなくても減るような水準ではない
  • 80年代以前の漁獲率を維持していれば、92年以降、資源は増えたはずである
  • 現在のRPSでは、現在の漁獲率のもとで資源を維持することは出来ない

本当はわかっているんだよね

[`evernote` not found]

http://www.tokyo-np.co.jp/00/cba/20070220/lcl_____cba_____000.shtml

 「ただね、最近は魚群探知機の精度が良いから、捕りすぎてしまうんだよ。
今だけが良ければって考えじゃなく、来年のことも思って漁をするようにならないと」。
男性は心配そうに、ぽつりとつぶやいた。

おもてだって発言をする人は居ないけれど、本当は獲りすぎだってわかっているんだよね。
彼らが来年のことも思って漁が出来るような状況を作るために、知恵を絞る必要がある。
それが水産資源学の重要な使命だろう。

漁獲が産卵に与える影響評価

[`evernote` not found]

減少前(1976-1988)、減少後(1992-2004)にわけて、それぞれの漁獲の影響を考えてみた。
漁獲開始(0歳)から、それぞれの年齢の産卵期までの生残率を計算すると下のようになる。
赤が漁獲がない場合、青が88年以前の漁獲圧、緑が1992年以降の漁獲圧の元での生残率である。
5+は5歳以降の生残率の合計値となる。
5歳、6歳、7歳、8歳・・・・と足していくので、
5+の生残率は漁獲圧が低い場合には4歳を上回る場合もある。

iwashix01.png

1992年以降の年齢別の体重と成熟率は以下の通りになる。

iwashix02.png

iwashix03.png

この体重と成熟率の元での漁獲の影響を評価しよう。

産卵量が体重に比例すると仮定すると、
加入個体が2歳で産む卵の量は、
2歳までの生残率×2歳魚の体重×2歳の成熟率
に比例すると考えることが出来る。

それぞれの漁獲パターンの元での加入個体の産卵量(SPR)は以下の通りとなる。

iwashix04.png

上の図の年齢別SPRを足し合わせることで、
それぞれの漁獲圧の元での加入個体あたりの生涯産卵量を計算できる。

SPR(g) 補償RPS(尾数/親魚Kg)
漁獲無し 169 5.9(=1000/169)
減少前(1976-1988) 93 10.8
減少後(1992-2004) 48 20.7


漁獲が無い場合に、加入個体は生涯に169gの親として産卵に参加できる。
1kgの親を作り出すためには、1000/169=5.9尾の加入が必要になる。
ということは、1kgの親から5.9尾以上の加入があれば、資源は減らないことになる。
このように資源を維持していくために最低限必要な卵の生残率を補償RPSと呼ぶ。

漁獲強度が高まると、SPRは減少し、それに反比例して補償RPSは上昇する。
88年以前のSPRは93gであったところが、90年代以降は48gに半減してしまった。
その結果、88年以前は10.8だった補償RPSは、92年以降は20.7に上昇した。

おまけ:作図に使った数値

マイワシの成長と成熟と自然死亡

[`evernote` not found]

マイワシの生活史はこんな感じになっている。
図2
3つ前の記事で、卵から漁獲開始までの生残率は改善されたことをしめした。
上の図で赤の矢印の部分は1992年以降、順調に回復したのだ。
一つ前の記事で、青の矢印の漁獲死亡の部分が90年以降跳ね上がっていることを示した。
次に、青の矢印の部分の漁業以外の要素がどう変化したかをまとめてみよう。

1)成長は早くなった

下の図は、マイワシの年齢別の平均体重の経年変化を示したものである。
iwashix01.png
青線が増加期、赤線が高水準期、オレンジが低水準期、緑が超低水準期に相当する。
資源が高水準になると、餌を巡る競争がおこるために成長が鈍る。
そして、資源が低水準になると餌が余るので、成長速度が速くなる。
特に近年は、高水準期を上回る早い成長速度が観察されている。

2)成熟年齢は早くなった

マイワシは、2歳以上はほぼ全ての個体が成熟する。
70年代・80年代は、1歳魚はほぼ未成熟で、その成熟率は10%に過ぎなかった。
90年代にはいると1歳魚の成熟率が上昇し、1996年以降は50%が成熟している。

生物は餌から得たエネルギーを、自らの成長や成熟に配分する。
もし、餌環境が一定であれば、成長速度と成熟速度はトレードオフになるはずである。
最近のマイワシは、成長と成熟が同時に早まっていることから、
90年代以降のマイワシの餌環境は良くなっていることが示唆される。

3)自然死亡の変化は不明

自然死亡率の推定は、技術的に困難であり、その推定精度も低い。
多少の変化があったとしても、我々人間が把握できない可能性が高い。

自然死亡の主な原因は、捕食と考えられている。
小型の個体は遊泳力が低いため、捕食されやすい。
近年、個体の平均的な成長速度が上がっているため、
自然死亡は減っていると思われる。
ただし、自然死亡がどの程度減るかは定かではないし、
実際に自然死亡が減っているという知見は得られていないので、
資源評価票で以前と同じ自然死亡係数を使うのは妥当だろう。

ちなみに、自然死亡係数は一定で、毎年33%の個体が自然死亡すると仮定されている。


まとめ

  • 成長は明らかに早くなっている。
  • 成熟年齢も目に見えて下がっている。
  • 自然死亡率は恐らく下がったと思われる。

以上のことを考慮すると、マイワシの生物学的な生産力が落ちたとは考えづらい。
むしろ、70年代や80年代よりも最近の方が生産力が上がった可能性が高い。
生活史のどこの段階を見ても、
現在の海洋環境がマイワシに不適だという要素は見あたらないのだ。

マイワシへの漁獲の影響

[`evernote` not found]

マイワシ太平洋系群(以下マイワシと呼ぶ)の資源重量(バイオマス)と漁獲割合を下図に示した。
80年代後半の加入失敗で資源が減少すると同時に、漁獲割合が増加をした。
資源減少前の11年間(1976-1986)の漁獲率の平均は16%であり、比較的低目で安定していた。
1992年以降の平均漁獲率は41%であり、以前の2.5倍の水準まで跳ね上がっている。

image01.png

マイワシ漁業のように、資源が減少すると同時に漁獲率が上昇する現象は、
管理されてない漁業にありがちなパターンである。
魚は数年といった時間スケールで減ることもあるが、漁業者はそれほど早く減らない。
マイワシのように高水準期に肥大した努力量で、減少した資源を利用すれば、
漁獲率が上がるのは自明だろう。
マイワシが豊漁だった時代に漁獲率が安定していたのは、
陸上の加工能力によって漁獲の上限がきまっていたからである。
資源が減少し、加工能力にゆとりができた結果、漁船の能力がフルに発揮されるようになった。
マイワシが回遊するタイミングや場所の違いで、毎年の漁獲率は変動するが、
低水準資源でもその気になれば4割から5割ぐらいは獲れてしまうのだ。

毎年、現存資源の40%を漁獲している現在の漁業を支えるためには、
マイワシ資源は毎年1.66倍に増える必要がある。
寿命が5年を超えるような生物にこのような高い生産力を期待するのは無理だろう。
1992年から2004年までの12年間でマイワシのバイオマスは5%まで減少した。
もし、この時期にマイワシの生産力が本当に低かったらどうなっていただろうか。
漁獲がない場合になんとか世代交替できるような生産力であったなら、
マイワシ資源は毎年60%に減り続けていたはずである。
0.6^12=0.002となるので、この場合に資源は0.2%(0.002)に減っていたはずである。
マイワシの生産力が低かったら500分の1に減っても仕方がないところを、
生産力が高かったために、20分の1の減少ですんだと見るべきなのだ。
漁業者が主張するように、マイワシが獲らなくても減るような状態であったなら、
とっくの昔にマイワシは幻の魚になっていたことだろう。
海洋環境が悪くてマイワシが減少しているのではない。
海洋環境が好適なおかげで、なんとか資源が存続しているのだ。
マイワシの生命力には驚かされるばかりである。

マイワシ資源は80年代後半から一貫して減少しているが、
その減少要因は大きく2つに分けることが出来る。
1988-1991年は環境変動による卵の生残率の低下が原因であり、1992年以降は漁獲率の上昇が原因である。
資源減少のきっかけを作ったのは、漁業とは無関係な卵の生残率の悪化かもしれないが、
1992年以降も資源が減少し続けたのは乱獲が原因である。

減少要因が変わったことは、年齢組成を見れば一目瞭然だ。
下の図はマイワシのバイオマスの年齢組成を示したものである。
1988年から1991年までは、新規加入(0歳)が殆ど居ないことに注目して欲しい。
この時期は新規加入が途絶えたために、若齢魚がどんどんといなくなり、
高齢魚が資源に占める割合が上昇していく。
環境が悪い場合(=卵の生き残りが悪い場合)には、必ずこのような年齢組成パターンになる。
加入が失敗した年に産まれたコホートは黒い実線で囲んでみた。
これらのコホートのバイオマスが特異的に低いことがわかる。
iwashix07.png

対象となる期間をのばしてみると、その傾向はさらに明確になる。
1988年から1991年の4年間は特異的に0歳の加入が少なくいことがわかる。
1992年以降は、0歳魚が毎年安定して発生し、
数年後には以前と同じような年齢組成に戻っている。
この時期の卵の生き残りは良好であり、海洋環境が資源減少の原因とは考えられない。

image06.png

日本国内では、海洋環境が変動したからマイワシが減っているというのが定説であるが、
この定説を改める必要があるだろう。

Home

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 1
  • 今日: 1106(ユニーク: 278)
  • 昨日: 954
  • トータル: 7746430

from 18 Mar. 2009

Return to page top