Home > 日記 > ラーメン Archive

ラーメン Archive

風来居

[`evernote` not found]

新宿に用事があったので、ひさびさに風来居に行ってみた。

山頭火系の塩豚骨ラーメンがうり。
東京にある山頭火よりも、頭二つぐらい美味しいと思う。
スープは、塩、醤油、味噌の3種類。なかでも塩がお勧め。
ただ、塩はスープ切れが早いので、昼過ぎには無くなることも多い。
あぶらしたたるトロ肉がここの名物の一つなのだが、俺は好きじゃない。
トロ肉は2きれまではうまいけど、それ以上はしつこく感じる。

今日も案の定、塩は切れてた。
醤油もみそもそれなりにうまいのだが、夏季限定のつけそばを頼む。
「限定メニューにうまいものなし」の格言もあるので、ドキドキしながら待つ。

IMG00108.gif

一口たべて、ビックリ。このスープは八蔵?
辛さと酸味の絶妙なバランス。そして、口のなかに広がる鰹節の風味。
辛さ、酸味、魚のそれぞれがしっかりしつつも調和している。
上品でありながら、はっきり、くっきりした味。
角切りチャーシューがスープに入っていて、これまた八蔵風でグッド。
清元みたいに皿の上に載せる形式だと、具で出汁の温度が下がる。
つけ麺はただでさえ冷めやすいから、具をスープの中で暖めておいた方が良いんだよね。
太い縮れ麺は、スープによく絡んだけど、やっぱり少し物足りない。
夏季限定メニューだから、つけ麺で勝負している店と差がついてしまうのは仕方がないだろう。

限定メニューでここまでバランスがとれているとは思わなかった。
やっぱり、この店は味に対するセンスがいいね。
最近は「はな火屋」の頻度が高いのだけど、やっぱり風来居はローテーションから外れないことを実感。
今度は早い時間に行って、塩をたべたいところだ。

この店は、お客が帰るときの挨拶が「行ってらっしゃいませ」なんだよな。
「行ってらっしゃいませ」を、久々に聞いた。
懐かしかったので、「行ってきます」と返しておいた。
今度、風来居に行くときは、「ただいま~」と言いながら店に入ってみよう。

清元

[`evernote` not found]

八蔵の跡地は飲み屋になっていたのが、またラーメン屋に戻っていた。
つけ麺がメインで、店構えも八蔵に近い。
どうやら八蔵の店員(ガチャピン似)が独立して、八蔵の移転前の場所で開店したようだ。
基本的なスタイルは八蔵を踏襲している。
麺などの仕入れも同じだとおもう。

清元

麺は、八蔵時代からガチャピンが任されていただけにばっちり。
こしのあるレンコン麺は、堅さ、湯切り共に、良い。
ただ、ガチャピンがいなくて、おじさんが作ってくれたときは、
湯切りが甘く、麺が柔らかすぎた。
辛さを前面にだしたスープには、八蔵の繊細さはない。
むしろ、はやし屋のような、パワーで勝負するタイプのスープだが、
それならば、麺の量が少し足りない気がする。
チャーシューは、質・量ともにダメ。
八蔵のように適当な太さに切ってスープに入れてくれた方が嬉しい。

八蔵をありがちな味にしたような印象で、清元ならではの売りが見えてこない。
八蔵のような繊細さもないし、
はやし屋のようなボリュームがあるわけでもない。
八蔵 -( 繊細さ) - (チャーシュー)にもかかわらず、
値段は同じ700円では割高感がある。
この値段なら、チャーシューをまともにするか、
味卵を半分ぐらいはつけて欲しいところだ。

八蔵が比較対象になってしまうから、厳しい評価になるが、
この近所のつけ麺としては頭一つ抜けていることは確かであり、
今後も通うことは確定的だ。
これから、清元としてどんなスタイルを発展させていくのか、
末永く見届けようと思う。

青葉の思ひ出

[`evernote` not found]

特製つけ麺でも食べようと青葉・鍋屋横町店に行ったら、のれんが出ていない。
「夏期休暇とは、ついてないな」と思いきや、閉店のお知らせが張ってあった。
目の前が真っ暗になるような衝撃にうちひしがれて、ミ
ルクロールでパンを買って帰ってきた。
ミルクロールのチーズフランスは、相変わらず旨い。

IMG00122.jpg

青葉は、Wスープというスタイルを作り上げた名店であり、
名前を聞いたことがない人は居ないだろう。
本店は中野にあり、数多くの支店が存在するのだが、
見るからにトレーニングを積んでいないバイトが作ってる店もあり玉石混淆だ。

鍋屋横町店には、決して手際が良くはないが、
淡々とマイペースで作業をする店主が常に厨房にいた。
ラーメンの味は、彼の人柄にじみ出るような丁寧な仕上がりで、常に安定していた。
場所的にも少し不便なこともあり、
待たずに美味しいラーメンが食べられる店として重宝していたのだ。
閉店は、健康上の理由だろうか。
とにかく残念で仕方がない。

出会いがあり、別れがある。
それが人生というものなのだろう。
そして、ラーメンは人生の縮図なのだ。

  • Page 2 of 2
  • <
  • 1
  • 2

Home > 日記 > ラーメン Archive

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 1
  • 今日: 1283(ユニーク: 254)
  • 昨日: 608
  • トータル: 7150973

from 18 Mar. 2009

Return to page top