Home > 未分類 > 2号機タービン建屋地下階溜まり水

2号機タービン建屋地下階溜まり水

[`evernote` not found]

2号機の汚水のCs137の濃度:3.0*10^6 Bq/cm3 = 3.0*10^9Bq/L = 3.0*10^12Bq/ton
汚水の量
:6000 ton
Cs137の総量:18000TBq = 1.8*10^16Bq

IAEAのレポートによると、チェルノブイリ事故で放出された137Csの総量は、0.085EBq。これは85000TBqに相当する。単純に計算すると、2号機の汚染水には、チェルノブイリの21%の137Csが存在することになる。にわかには信じられないような量の放射性物質が、冷却容器から漏れ出していることになる。

http://www.iaea.org/Publications/Booklets/Chernobyl/chernobyl.pdf
The total release of radioactive substances was about 14 EBq(EBq=10^18Bq), including 1.8 EBq of iodine-131, 0.085 EBq of 137Cs, 0.01 EBq of 90 Sr and 0.003 EBq of plutonium radioisotopes. The noble gases contributed about 50% of the total release.

このブログで紹介した、ドイツの研究機関の楽観的な見通しは、日本政府が初期に発表した「軽微な漏洩」を前提にしているので、高濃度の汚染水が大量に出ることは想定外だろう。この濃度になると、希釈で薄まるにも時間がかかる。渦に取り込まれた場合、数ヶ月と言ったスケールで濃度 が維持される可能性もある。この汚染水が大量に流出した場合の影響は計り知れない。なんとしても、環境への流出を食い止めて欲しい。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://katukawa.com/wp-trackback.php?p=4186
Listed below are links to weblogs that reference
2号機タービン建屋地下階溜まり水 from 勝川俊雄公式サイト

Home > 未分類 > 2号機タービン建屋地下階溜まり水

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 1
  • 今日: 2191(ユニーク: 245)
  • 昨日: 1299
  • トータル: 7715879

from 18 Mar. 2009

Return to page top