Home > 未分類 > WCPFCの合意について

WCPFCの合意について


これまで漁獲規制が無かった太平洋クロマグロに対して、各国が漁獲量の上限を設定したという点では、意義がある会合でした。未成魚の漁獲量の半減というと、とても厳しい措置のように聞こえますが、実際はそうではありません。今よりもずっと多くのクロマグロが獲れていた10年以上前の漁獲量を基準に半減するので、日本の漁獲量は、過去3年の平均と比べて、たった6%削減されるに過ぎません。これまでと同じように漁獲を続けることが出来るので、価格への影響は軽微ですが、逆に言うと、資源の回復はそれほど期待できないでしょう。

日経新聞 クロマグロの未成魚、漁獲量半減で合意 太平洋西側

最近の水揚げ量は上限に届いていないことから、流通量や価格への影響は限られそうだ。

漁獲量を半減したのに、「最近の水揚げ量は上限に達しない」って、おかしいと思いませんか?

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://katukawa.com/wp-trackback.php?p=5884
Listed below are links to weblogs that reference
WCPFCの合意について from 勝川俊雄公式サイト

Home > 未分類 > WCPFCの合意について

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 1
  • 今日: 1160(ユニーク: 256)
  • 昨日: 1514
  • トータル: 6526348

from 18 Mar. 2009

Return to page top