Home > ITQ | 世界の漁業 | 研究 > アルゼンチンも2010年からITQを導入

アルゼンチンも2010年からITQを導入


FIS – Worldnews – Individual catch quota law regulated.

common hake, hoki, Patagonian toothfish, southern bluewhitingの4魚種にITQが導入されるようですね。ITQ導入に向けて、12年間も準備をしてきたのか。南米もITQが主流になっている。現地の情報がなかなか得づらいのだけれど、どういう議論を経て、どのような制度を入れたのか、一度調べてみる必要がありそうだ。いつになったら、時間がとれるのか全く不明。

アルゼンチンですらITQを導入できるのに、水産庁は「お金が無いから、IQすらできません」と言っている。2800億円も予算があって、恥ずかしくないのだろうか?

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://katukawa.com/wp-trackback.php?p=2723
Listed below are links to weblogs that reference
アルゼンチンも2010年からITQを導入 from 勝川俊雄公式サイト

Home > ITQ | 世界の漁業 | 研究 > アルゼンチンも2010年からITQを導入

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 1
  • 今日: 631(ユニーク: 235)
  • 昨日: 1282
  • トータル: 6929350

from 18 Mar. 2009

Return to page top