Home > 日記 > シェフの味、生徒「もの足りない」 英で給食離れ

シェフの味、生徒「もの足りない」 英で給食離れ

  • 2007-10-17 (水) 10:46
  • 日記
[`evernote` not found]

http://www.asahi.com/international/update/1016/TKY200710160424.html

 英国で政府が給食の質の向上に乗り出したが、かえって給食離れに拍車をかける結果になっている。
 それまでは、ポテトフライやフライドチキンなど脂っぽいものやチョコバーなど甘いものが多かった。新基準はそんなジャンクフードを一掃、カロリーにも栄養価にも気を配って加工品より生鮮食料品を使うよう指示。予算も大幅に増やした。
 ところが各地からの報道によると、脂っこくて甘ったるいものに慣れた生徒たちは「もの足りない」「チーズ臭い」などと敬遠。学校を抜け出してチョコバーなどを買い込んでくる生徒も出る始末。

うーむ、これは対岸の火事ではない。
美味しいモノを食べた体験が無いまま大きくなると、絶対にこうなるって・・・
子供達が本物の味に慣れるまで時間がかかると思うけど、
この試みは続けて欲しいものです。

英国は行ったこと無いから、よくわからんが、
北米では、大抵のレストランの食事は脂ぎっているわけだ。
「何でこんなにオイリーなのよ?」と友人に愚痴ったら、
「オイルを減らすと満腹感がなくなるから、客が減るらしい」とのこと。
そのくせ、猫も杓子もローファットの食材にはこだわるから、もう訳わかめ。

ちなみに、日本の給食はこんな感じ。
http://image.blog.livedoor.jp/dqnplus/imgs/0/e/0e8e7d41.jpg
コッペパンに、コロッケ、ポタージュスープもあった。
あと、クジラの竜田揚げもコリコリして美味かったなぁ。
給食の時間は大好きでした。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://katukawa.com/wp-trackback.php?p=397
Listed below are links to weblogs that reference
シェフの味、生徒「もの足りない」 英で給食離れ from 勝川俊雄公式サイト

Home > 日記 > シェフの味、生徒「もの足りない」 英で給食離れ

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 3
  • 今日: 1382(ユニーク: 466)
  • 昨日: 937
  • トータル: 9354998

from 18 Mar. 2009

Return to page top