Home > お知らせ | マスメディア | 研究 > 栄養と料理 9月号に原稿が掲載されました

栄養と料理 9月号に原稿が掲載されました

[`evernote` not found]


栄養と料理9月号(8月8日発売)
消費者が知っておきたい、漁業と水産環境の現状
魚はいつまで食べられるのか?
p100-107

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

今年は、消費者に漁業の問題を訴えようということで、取り組んでいます。
漁業の現状を厳しく批判すると同時に、消費者にも厳しいことを書いています。
漁師は、多く獲ることしか頭にない。消費者は、安く買うことしか頭にない。
今の日本の魚食は、とても文化と呼べるような代物ではない。
漁師は持続的に獲るし、消費者が持続的に大事に食べる。
そういう持続的な魚食を実現するには、
業界も変わらなければならないし、消費者も変わらなければならない。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://katukawa.com/wp-trackback.php?p=1803
Listed below are links to weblogs that reference
栄養と料理 9月号に原稿が掲載されました from 勝川俊雄公式サイト

Home > お知らせ | マスメディア | 研究 > 栄養と料理 9月号に原稿が掲載されました

Search
Feeds
Meta
Twitter
アクセス
  • オンライン: 3
  • 今日: 1680(ユニーク: 363)
  • 昨日: 1720
  • トータル: 7574662

from 18 Mar. 2009

Return to page top